Loading…

生命保険

  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • LINE

生命保険に見直しは必要?注意点は?FPが見直しのタイミングやポイントを解説!

生命保険見直しの必要性とは?

生命保険の見直しとは、自身が加入している保険の内容(保障期間や保障額など)を、現在のライフステージに合わせて最適化することを意味します。

現在の保険を解約し新しく加入し直すことや、保障額の増減、必要な特約の付加など、今の自分に合う保険へと定期的にメンテナンスすることが重要です。

生命保険の見直しが必要なタイミング

では、生命保険の見直しが必要なライフステージの変化とは、一体どのようなタイミングでしょうか?生命保険の見直しが必要になる代表的な5つの事例をご紹介します。

結婚したとき

結婚すると、自分ひとりの人生だけでなく、配偶者の人生にも影響がが生じます。自分に万が一のことが発生したとき、生活が一変するのは配偶者も同じです。

結婚したら、まずはお互いが加入している保険の内容を必ず確認し、夫婦で安心できる保障に整えましょう。

また、結婚前に加入していた保険は、保険金の受取人を親にしているケースが多いため、受取人を配偶者に変更するなどの対応が必要です。

子どもが生まれたとき

子どもが生まれた場合も、子どもの将来に金銭的な責任が生じるため、親の必要性は一層増します。

親に万が一のことがあっても子どもが将来の進路に迷うことがないよう、十分な保障を確保しましょう。

また、女性の場合は妊娠前の段階から、医療保険を見直しておくことをおすすめします。異常分娩となった際に、保障の対象となる医療保険もありますが、妊娠した後は加入できる保険が限られてしまうからです。

住宅を購入したとき

住宅を購入した場合、これまで加入していた保険に組み込んでいた、住宅費に関する保障額を見直せます。

住宅ローンを組んで住宅を購入した場合、団体信用生命保険に加入することになります。なぜなら、住宅ローン利用者が死亡・高度障害状態になった場合は、ローンの残高を保険でまかなうためです。

住宅費に関する保障額を見直すことで、生命保険の保険料を安く抑えられる場合があります。

転職したとき

転職をした場合、特に収入が減少したときは、保険を見直すことで支出を抑え、家計を安定させられます。

同等な保障内容でも保険会社によっては、保険料を安く引き下げることができる可能性があります。

また、独立して自営業者になった場合は、会社員と同じような社会保障を受けられません。例えば、会社員が病気やケガで働けない場合、給与の3分の2が支給される「傷病手当金」の制度がありますが、自営業者にはありません。

自分の身は自分で守るといった必要性が増しますので、保険の見直しは必須です。

子育てが終わったとき

子どもが独立し子育てが終わると、教育費や養育費の負担がなくなります。よって必要な保障も軽くなるため、死亡保険金は子育て期間よりも減らすことが可能です。

ただ、今後は自身の老後の生活費や医療費に向けての備えが必要です。老後に向けた生活費の準備を整えながら、医療や介護に対する保障の見直しを進めると良いでしょう。

生命保険見直しのメリット

これまで加入してきた生命保険を見直す場合、自分にとってメリットが得られる結果にならないと意味がありません。

ライフステージの変化に伴い、生命保険を見直すことによって得られるメリットは、大きく分けて3つあります。

1.必要な保障を効率よく増やすことができる

結婚や出産などによって家族が増えた場合、自分の社会的責任が高まるとともに、必要な保障も増えます。

単純に追加で加入する保険を増やすのではなく、今加入している保険全体をトータルで見直すことで、保険料を抑え効率よく保障を増やすことも可能です。

2.不要な支出を抑えることができる

保険を見直すことで、住宅を購入したり子育てが終わったりした場合などに、自分にとって必要ない保障を把握できます。

必要のない保険は解約・削減することで、保険料を削減し不要な支出を減らせます。

3.自身のライフプランを見直すきっかけになる

保険の見直しはライフプランの見直しにも繋がります。ライフプランを見直していくと、保険だけでなく、携帯料金や光熱費・生活費の無駄な部分を洗い出せる可能性が高まります。

また、無駄を省き貯蓄に回すなど、将来を見据えた家計の体質改善に繋がります。

生命保険を見直すときのポイントや注意点

生命保険を見直すときに、抑えておくべきポイントや注意点について解説します。せっかくの見直しが効果的なものになるよう、しっかりと把握しておきましょう。

生命保険を見直すときの3つのポイント

生命保険を見直すときに押さえておくべき3つのポイントは、以下の通りです。このポイントを押さえておけば、自分にとってより良い見直しに繋がります。

1.加入中の保険にこだわらず自分に合った保障を

生命保険を見直す際は、現在加入している保険の内容に拘り過ぎないようにしましょう。

保険は加入年齢が上がると、高くなってしまうのが一般的です。しかし、保険料を基準にした見直しをすることなく「本当に必要な保証は何か」ということを考えることが大切です。

今の保険が基準ではなく、今後の自分に見合った保障をゼロから考えるといいでしょう。

2.貯蓄型・掛け捨て型を上手く活用する

掛け捨ての保険は勿体ない、と考える人は少なくありません。しかし、家族を守るために大きな保障を確保したい場合、貯蓄型を選択すると、保険料の負担が上がってしまいます。

子育て世代のご家庭など、毎月の保険料を抑えながら一定期間大きな保障を確保したい人は、掛け捨て型の定期保険を上手く活用しましょう。

一方で将来に向けた貯蓄も確保したい人は、満期金が受け取れる貯蓄型の保険を無理のない範囲で選択しましょう。

3.複数の保険会社から比較する

同等の内容の保険でも、会社ごとに保険料は異なります。また特約の内容も、保険会社によって様々です。

保険の見直しを行う際は、1社のみを確認して見直すのではなく、複数の保険会社の商品を比較しましょう。

同じ内容でも保険料がお得になることも

生命保険は定期的に保険料率の見直しを行なっています。そのため、過去に加入した保険と同等の内容で、年齢を重ねた後に再度見直した場合保険料が安くなる場合もあります。

また、非喫煙者や健康な方には保険料が割引される保険商品も増えてきたため、同じ内容の変更でも保険料が下がったというケースもあり得ます。

生命保険を見直すときの注意点

次に、生命保険を見直すときに注意すべき点を3つご紹介します。見直しによるデメリットともいえる点であるため、よく確認しておきましょう。

1.健康状態によっては見直しできないことも

見直しをしたくても、そのときの健康状態によっては見直しができない場合もあり得ます。

病気やケガの療養によって、見直し加入を断られたり、特別な条件が付加されたりする可能性があります。

見直しをしようと思い立ったら、健康なうちに早めに対応することが得策です。

2.貯蓄型保険は不利益が生じる可能性がある

貯蓄型保険に加入していた期間が短い場合、解約をして新たな保険に加入しようと思った際、解約時に受け取れる返戻金が支払った保険料を下回るケースがあります。

見直しを行なう際は、不利益が生じてしまうリスクを十分に把握した上で判断しましょう。

3.無保険期間を作らないようにする

保険を切り替える場合、新しい保険契約の成立前に以前の保険の解約を進めると、保険がかかっていない期間(無保険期間)が発生する可能性があります。

乗換を行なう際は、新たな保険の成立を確認した後で、前の保険を解約するようにしましょう。

生命保険を見直す方法、見直しに必要なもの

最後に、生命保険の見直しを行なう方法や、見直しに必要なものを解説します。ライフステージの変化に伴い、柔軟な対応が進められるよう、事前に把握しておきましょう。

生命保険の見直し手順

生命保険の見直しを行うにあたって、おすすめの手順をご紹介します。この手順に沿って準備を進めていけば、自分に合った保険に出会えるでしょう。

1.現状分析で自分に必要な保障を考える

結婚や出産など、ライフステージに変化が生じた際には、自分にはどの程度保障が必要になるかをしっかり考えましょう。

インターネットで検索すれば、ライフプランニングのシミュレーションができるツールもあります。また自分で行なうのが難しい場合は、加入中の保険の担当者や保険ショップで相談するのもおすすめです。

自分に必要な保障額や保障期間は、自分の意思で決めるようにしましょう。

2.パンフレットやオンラインで相場観を把握しておく

必要な保障が決まったら、保険会社のパンフレットやオンラインで保険料の相場観を把握しておきましょう。

大体の相場観を把握しておけば、その後に保険商品を勧められた際に、その保険が高いのか安いのかを判断する基準を持てます。

ただ、パンフレットやオンラインだけで加入を決めるのはおすすめしません。専門の担当者から、十分な説明を受けてから加入するようにしましょう。

3.料金のかからない保険ショップなどで専門家に相談する

昨今では、相談を無料で行う保険ショップや代理店が多数あります。

ライフプランニングや見直しプランの相談、現状加入している保険の内容確認など、専門家に相談しながら自分に合った保険を探しましょう。

4.複数の保険会社の中から自分に合った保険を選ぶ

保険の見直しは、複数の会社を比較して、保険料や保障内容・特約など、自分のイメージに見合った保険を選ぶことが重要です。

「保険料が安いから」というだけの理由で切り替えるのではなく、それぞれの保険の特徴や強みを把握した上で、妥協なく選ぶようにしましょう。

保険証券などがあれば相談しやすい

保険の見直しを行なう際は、これまで加入していた保険の証券など内容がわかるものがあれば、相談がスムーズに進みます。

以前に加入していた保険の内容に固執しすぎるのはよくありません。しかし、自分の保障がどう変わるかを確認すれば、見直しによるメリットを実感できます。

まとめ

生命保険は「とりあえず加入しておけば大丈夫」というものではありません。ライフステージの変化に合わせて、定期的にメンテナンスを行っていくことが重要です。

ただし、十分に検討した上で見直しを行なわないと、せっかくの見直しが意味のないものになってしまいます。特に、保険料を下げることだけを目的とした安易な見直しは要注意です。

必要な保障は自分自身でしっかりと把握し、情報を集め、入念な準備の上で自分に合った保険に最適化するようにしましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

カテゴリー

ほけんのコンさる
【商  標】
ほけんのコンさる
【登録番号】
第6024411号
【登 録 日】
2018年3月2日
【権 利 者】
株式会社NHS 東京都中野区

【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
(第36類)
生命保険契約の締結の媒介,損害保険契約の締結の代理,医療保険契約・火災保険契約・海上保険契約・個人年金保険契約・自動車保険契約又は傷害保険契約の締結の媒介又は代理,生命保険・損害保険・医療保険・火災保険・海上保険・個人年金保険・自動車保険又は傷害保険に関する助言・相談又は情報の提供

コンさるくん

【商  標】
コンさるくん
【登録番号】
第6081572号
【登 録 日】
2018年9月14日
【権 利 者】
株式会社NHS 東京都中野区

【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
(第36類)
生命保険契約の締結の媒介,損害保険契約の締結の代理,医療保険契約・火災保険契約・海上保険契約・個人年金保険契約・自動車保険契約又は傷害保険契約の締結の媒介又は代理,生命保険・損害保険・医療保険・火災保険・海上保険・個人年金保険・自動車保険又は傷害保険に関する助言・相談又は情報の提供

TOP画面へ戻る